ぺそ 書く スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ぺそ 書く 薬師寺(やくしじ) 

GWに実家の帰った時、薬師寺 に立ち寄ってきました。 薬師寺は興福寺とともに法相宗の大本山で開基(創立者)は天武天皇です。1998年には古都奈良の文化財の一部として、世界遺産に登録されている寺院のひとつです。
立ち寄った時には、東京国立博物館で開催されている 『国宝 薬師寺展』 とやらのために、金堂 日光菩薩像・月光菩薩像と、東院堂 聖観世音菩薩像、大講堂 仏足石(いずれも国宝)の拝観をすることが出来ませんでした。 奈良に帰って見られないって、何か複雑・・・(^▽^;)


薬師寺の伽藍はその独特のスタイルから「薬師寺式伽藍」と呼ばれているそうで、もとは薬師寺西院の門であったとされる南門(重文/室町時代・永正9年(1512年)の建築)をくぐると伽羅の始まり…と言っても門を入るまでにすぐ見えてくる、東塔と西塔があります。
20080502/薬師寺01  20080502/薬師寺02

東塔は西塔に比べると地味。それもそのはず、薬師寺で唯一創建当時より現存している建物だそうで、国宝にもなってるシロモノなんです。一見六重に見える塔ですが、三重の塔です。六重に見えるのは各層に裳階[もこし]と言われる小さい屋根があるためだそうです。
一方、東塔と対照的な位置に立つ西塔は、元あった塔が享禄元年(1528年)に戦災で焼失したために昭和56年(1981)に復興されたものです。東塔とはうって変わって鮮やかな色彩。寺というよりは神社を思わせるような色遣いです。

20080502/薬師寺03次に見えてくるのは金堂。金堂は享禄元年(1528)にこの地域の豪族の戦火に巻きこまれて、西塔等と一緒に焼け落ち、その後、豊臣家が金堂の仮堂を建て、本格的な金堂の再建に取りかかる…はずだったのが、豊臣家の滅亡などの事情で400年近く仮堂のままの状態だったそうです。
しかし1960年代以降、名物管長として知られた高田好胤(たかだこういん)が中心となって写経勧進による白鳳伽藍復興事業が進められ、昭和51年(1976)4月に白鳳時代様式の本格的な金堂として復興しました。中には奈良時代仏教彫刻の最高傑作の1つとされる本尊薬師三尊像を安置しています。冒頭に書いた、出張しておられる菩薩は、この金堂に祀られている脇侍の日光菩薩(にっこうぼさつ)と月光菩薩(がっこうぼさつ)さまです。拝観した時には写真が貼られてました (;^ω^)  ちなみに、中尊の薬師如来さまはいらっしゃいましたが (;´∀`)

20080502/薬師寺04
次に見えるのが伽藍最大の建造 大講堂です。基本設計は裳階付の薬師寺独自の様式で2003年に再建された建物です。本尊の銅造三尊像(重文)は、制作時期、本来どこにあった像であるかなどについて謎の多い像で、かつては金堂本尊と同様に「薬師三尊」とされていましたが、大講堂の再建後は、「弥勒三尊」と呼ばれているようです。

と~る☆が写真に撮ったのはこれまで。 菩薩像などは撮影禁止のところも多く、なかなか撮ることが出来ませんでした。それでも菩薩さまを見たいぞ!という方は参考までにこちらを・・・
     参考:西ノ京 その1   西ノ京 その2
     ※音が出ますのでご覧になる時にはご注意下さい!

他には東院堂(国宝)や、1991年に建てられた玄奘三蔵院と呼ばれる、玄奘三蔵 (そう、有名な?!三蔵法師さまです) を祀る建物もあります。今回行った時はたまたま公開中だったこともあり、この玄奘三蔵院の中にある「大唐西域壁画」を見ることが出来ました。これは、日本画家平山郁夫氏が30年をかけて制作した、縦2.2メートル、長さが49メートル(13枚の合計)からなる絵画です。
親切に説明して頂いた係の方の話では、ただの絵画ではなく、長安を発ち、高昌故城の遺跡を描き、最も難所であった天山を越え、ヒマラヤ山を仰ぎ仏跡ナーランダーなどをたどり、天竺に至る玄奘三蔵求法の旅とその精神を表現すると共に御仏を表している絵画だとか。  またまた参考までに…参考:西ノ京 その3

改めて古都の歴史を感じることが出来るひとときなのでした・・・(´▽`) ホッ  唐招提寺編につづく!(ハズw

スポンサーサイト
薬師寺はいったこと無いですね~
ん?就学旅行でいったっけ?
記憶が飛んじゃってますけど(汗
これらの建造物から、時代の重みを感じますね((。_。)((。_。)ウンウン
しかし、仏像の撮影禁止とは残念ですね~
父は仏像に結構興味があって・・・
清水寺なんかは写真集持ってます(^^)ゞ
それにしてもGWなのに人が少ない
逆にこの時期が穴場なんでしょうか?
[ 2008/05/17 15:26 ] TNの父 [ Edit ]
こんにちは(^-^)/

歴史は苦手なので???ですけど建物はとっても魅力的ですね!

なので???ながらも寺院の建物をみるのは好きです。
静寂の中に凛とはりつめた空気って心を洗ってくれそう。


嗚呼 旅行にいきたい(苦笑)
[ 2008/05/19 20:40 ] スクスク [ Edit ]
>父さま
薬師寺も有名ですが、東大寺ほどじゃあナイと思います。
違う場所には「新」薬師寺なんてのもあって(苦笑
京都でも奈良でも、やっぱりご本尊だからでしょうが撮影禁止のトコって多いです。
知らずに(知ってても?!)撮ってる観光客の人も見かけますけどネ
GWでもメジャー所をちょっと外せば悠々と見れるかもですが、今回と~る☆が行ったのは朝だったので少ないのでしょう!


>スクスクさん
こんにちわ (○´ω`○)ノ
と~る☆は歴史も地理も苦手で、よく相方に笑われてます(泣
ブログにアップする時は、おぼろげな記憶を補足するのに大変で(オロオロ

と~る☆は中学生の時、夏休みの社会科の課題として薬師寺やら他の寺院のレポートを書かされました (〒_〒)ウウウ
でも、スクスクさんと同じでと~る☆も早朝に行く神社や仏閣の凛とした空気が好きで、ついつい早朝に行ってしまいます(汗
[ 2008/05/21 18:55 ] と~る☆ [ Edit ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
Counter
Online訪問者:
 all訪問者 :
Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
New Comment
データ取得中...
Category
<< ALL Title Preview >>
Blog Ranking
よろしければポチッと押してやってください
ちょっと遊んでみる??
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。